FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒例行事の脱線

由姫 恵真
※クリックで大きめのサイズ

ピクシブから引用貼り付け用のものが無くなっていますが、まあいいや。

今回はピクシブのキャプションにちょっと書いておいた、
恵真(橙の方、『えま』と読みます)絡みと、後ついでに色々厄介な話をしてみたいと思います。
久しぶりですねこれ。



恵真は過去キャラの『ナプタ』というキャラ由来です。
ちなみに由姫(黄色い方、『ゆめ』と読みます)は『ニルシィ』というキャラ由来です。
ナプタと姉妹で、姉だったはずですが、最近その辺忘れてきています・・・

そういう過去設定が縁となって、今作でも一緒に出ているのですが、
そういうメタいのだけじゃなくてもう少し何か設定が欲しかったのです。
・・・なのでさっき作りました。

一応以前、雑記にそれらしい会話(?)を載せていますが、
それだけでは何かと中途半端です。
(少なくとも自分の中ではですが)

『氷のチカラに膨大な魔力がくっついた』のが紅音ちゃんで、
それを参考にしつつ、由姫みたいにして作ったのが恵真です。
要するに『火のチカラに猫と魔力をくっつけた』のですが、

実は『体』の情報が肝心なのにありません。
(由姫を元にして作った、だと、魔法の理屈としては問題無いのですが、
ロクナナ側の事情として問題があって成り立ちません)

ちなみに実は、同様に紅音ちゃんも肝心な『体』の情報が足りませんでした。

結論としては『体』は『ナプタ』です。
同様に紅音ちゃんの『体』は旧キャラの『リーメ=フブキ』です。
『旧キャラ設定から持ってきた』は確かにその通りなのですが、
先の通りそれだけでは自分としては何か駄目なので、以下のようになりました。

ミホとニホが移動してきた結果、その世界と一時的に強いつながりが発生した。
その世界は魔力も多く、魔法の適性の強い情報が一時的に利用できた。
中でもミホ・ニホと縁が近い人で、恵真や紅音に適した人が割り当てられた。

ちなみにニホが復活できたのはロクナナが施した蘇生法をニホなりにアレンジし、
崩壊した体情報を姉(の髪の毛)から、他に足りないモノをネコに頼る部分は、
『仮想の猫をくっつけた』となっています。(猫は仮でいいのか)
紅音ちゃんは利用した魔力が強力(凶悪)すぎるため、ネコに該当するモノが不要でした。

この辺のゴタゴタの時系列もある程度決まりました(?)

■発端
・ステッチーによるみずこ作成計画発生
 動機や計画はアレですが、
 あくまで個人的な欲求を満たすためだけのものであり、
 こんなことに利用するためではありません・・・

・ステッチーの弟グリッグによる協力
 と見せかけた、計画乗っ取り&生物兵器としての利用&量産、
 そして他者への計画拡散によるさらなる生産増(被害の増幅)です。
 この人がいなければみずこの被害はなかったくそやろうです。

・いずこ(失敗作)完成
 しかしこれよりも『うまくできている』みずこは実はいません。
 本当に『みずこそっくり』にすると、決まってまものを嫌悪するためです。
 ちなみにその後作られるタイプは、
 『水色のいずこ』ということで『みずこ』と名付けられるようになっています。
 ・・・あれ?

・グリッグ●●
 まあ何か実験の過程で●にました。
 ざまあみろといったところですが、
 魂は残っていて、しばらくステッチーと共にこっそり行動していました。

■事態発覚と間違った責任
・『みずこ』が大量に作られていることが発覚
 犯人はステッチーとされましたが、
 当人は兵器利用の計画が発覚した時点で止めることに必死でした。
 まあ確かに悪いんだけれど、本当の『犯人』はグリッグ・・・
 でももうグリッグは●んでしますし・・・

・みずこ(本人)の消滅
 ちなみにみずこはその魔法の世界の魔法システム管理者として、
 結構権威のある人でした。

 責任を取るためとか、事態解決がめんどくさくなったとか、
 消滅すれば色々言われることも無くなるだろう?とか、そんな理由でです。
 あと身内の記憶を少し改ざんとかしていました。

■魔力流入と事態の収束に向けて
・???の???が原因で『この物語の世界』に魔力発生
 ※ワタクシがここを考えていないため不明です
 あと面倒なのでこの物語の世界は以後『この世界』と書きます。

・ココ登場&事態鎮圧に協力、定住
 ところで何故ココさんなのか、そしてココさんが魔法の天才(らしい)理由ですが、
 みずこの偽物に『いずこ』(何処)と付けられているので、
 もしかしたら察しがついたかもしれません。

■自体をひっかきまわす出来事
・ステッチー乱入
 ちなみにステッチーも、兵器利用されかねないみずこの抹消が目的で
 世界を移動しているので、本人的に責任を負うための行動なんですよね・・・
 ただ管理者権限を盗み取ってやるのはどうなのだろう。

 ステッチーが犯人なのに計画をめちゃくちゃにされた上に追われているから、
 もうヤケクソなのかもしれません。

 それと、この世界の魔力濃度が少ないせいで何かあったらしく、
 グリッグの魂はここでステッチーから離れてしまいました。

・由姫●にかけ→蘇生
 正しくは●んでいなかったことにされました。
 小さくしないと蘇生できなかったので、5歳になりました。
 1年間に由姫だけ5年分の時間をループさせ、5年かけて25歳年を取らせます。
 そうすると5年後に本来の30歳になるので、以後の辻褄が合うのだとか。

 生きてきた時期等から生まれる記憶のズレ
 (主にジェネレーションギャップが発生しないようにする)とかは、
 ●ぬ前の記憶のバックアップとマージするらしい。
 マージって何ですか?

■異世界転移
・ミホ・ニホ登場&ニホの合成蘇生
 ロクナナが由姫の蘇生という前例を作ったため、
 それを利用してこの世界での強引な蘇生ができてしまいました。
 ニホ君も大分頭いいし、技術も持ってますよね。

・朋美の異世界迷子と救出
 ミホニホが移動してきたワープ装置を間違って使ってしまったためです。
 その中に伊豆(イトー)ちゃんがいるとか、
 さんざん『いずじゃなくていとう』と言ったり、わざとらしく人間じゃねえと説明しているので、
 『伊豆子』→『いずこ』だろうと察しが付くとか、そういうのは今回は別にいいですよね。

■●●作成
・紅音誕生
 何か余った哀の魔力が、相性のいい(らしい)雪に解けて、成り行きで生まれました。
 何か作りたかったからできただけで、今回のみずことはあんまり関係無いッス。

・恵真作成
 由姫の補佐のため生まれたことになります。
 メタでいえば過去キャラのナプタとニルシィの再現ですが・・・


結局のところ無茶苦茶では・・・むしろひどくなっているのでは?
ですが魔法の理屈として成立すればいいのです。

そういえば魔法は何でもありということになっていますが、
本当の意味で何でもありなわけではありません。
何だかその辺の線引きもはっきりしていない(考えていない)です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カウンター
プロフィール

冬風タナバタ。@なんとど

Author:冬風タナバタ。@なんとど
 




web拍手
pixiv静画twitter?



 

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。